会社の福利厚生を考えて、社員の待遇を優遇していきたいと考える経営者の方は多いのではないでしょうか。ただ、給与を一度上げる、又待遇を変更するとなると費用の負担が大きいと考えるケースが多くあります。このような場合にオフィスコーヒーを利用するとどうでしょうか。社員の人であればデスクワークにてコーヒーやお茶を飲むことが多いので利用頻度が高く自動販売機にて購入するより費用が安くなるので、社員からは感謝されるケースが多くなります。

また、ニュースなどで取り上げられる、正社員と派遣社員、アルバイトなどの待遇格差を叫ばれていますがオフィスコーヒーに関しては特に差をつけることなく利用する事ができます。また来客時のお客様に対してコーヒーを提供する場合にも、オフィスコーヒーのシステムを会社に導入する事によって通常社員が利用しているコーヒーをそのまま提供すれば良いだけですので負担が少なくなります。機械やメンテナンスに関しても、最近では自動販売機に近いワンプッシュでレギュラーコーヒーに近いラテやブラックなどの色々な種類のカフェメニューを作る事ができるマシンもあります。またメンテナンスの手間も専門のエンジニアが必要となる大掛かりなマシンではなく、卓上サイズの機械もありますので場所を気にする事も少ないです。

コーヒーサーバーも福利厚生にしたり社員のグループにて共同購入するなど、色々な運用方法がありますので検討してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です