快適なオフィス環境を生み出すことは社内の満足度アップにつながります。そんな中で注目を集めているのがオフィスコーヒーです。コーヒーを会社で飲めるということは、大きなリラックスの機会になります。オフィスコーヒーには大きく分けて3つの種類があります。

1つ目は一杯抽出型あり、これはコーヒー豆や粉、カプセルなどをセットすることで1杯ずつ入れることが出来るものであり、質の高いコーヒーが飲めるというメリットがあります。ボタン一つで焙煎やドリップを行うことが出来るため、本格派の方にぴったりです。コーヒー好きの方の中にはインスタントは好まないという方もいるので、そういった方にむうってつけといえるでしょう。一杯抽出型のデメリットはコストが高いことです。

会社の運営上の余裕がないと、なかなか導入しづらいケースもあります。2つ目はブリューワー型であり、これは一度でたくさんのオフィスコーヒーを淹れることが出来るものであり、大人数のオフィスに合っています。タンク内にコーヒーが溜められますが、酸化を抑える仕組みがあるので風味を損ないづらいのも特徴です。味のラインナップは一杯抽出型ほどではありませんが、導入コストを抑えることが出来ます。

3つ目は自動販売機型であり、最もコストを抑えられる方式ですが、社員に自己負担をしてもらうことになるので、利用者が増えにくいというデメリットがあります。一方でコーヒー以外も飲める点はメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です