オフィスコーヒーの導入は、大きく分けると3種類の方法があります。一杯抽出型は、その名の通り一杯ずつコーヒーを入れるタイプです。飲みたいコーヒーの袋などをセットし、ボタンを押すことで、一杯のコーヒーが完成です。ボタン一つで焙煎やドリップまで行え、本格的なコーヒーを常に飲むことができます。

味の種類も豊富で、満足度の高いコーヒーブレイクを楽しむことができます。オフィスコーヒーの種類、続いて紹介するのはブリューワー型と呼ばれるもので、こちらは一回の抽出で大量のコーヒーを入れることができるタイプのものです。作り置きなため、飲みたい時に注ぐだけでコーヒーを味わうことができます。効率的に分配可能で、来客が来た時にもすぐにコーヒーを出すことができるでしょう。

ブリューワー型は非常に使い勝手が良いものの、デメリットも存在します。例えば、細かい味が選ぶことができませんし、飲む人がいなければ余ってしまうこともあります。最後に紹介するのは、自動販売型です。使い方も簡単で、通常の自動販売機を同様、お金を入れて飲みたいコーヒーの種類を選ぶだけとなります。

多くの種類から選ぶことができますし、コーヒーを入れる手間もほとんどかかりません。ただし、機械が大きくスペースを取りやすいというデメリットもあります。オフィスコーヒーの導入方法、この3つはどれもメリットやデメリットが存在します。効果的に取り入れるためにも、それぞれの特徴はしっかりと把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です