おもてなしから休憩時間まで、オフィスで広く用いられている飲料のひとつがコーヒーです。苦みのある飲料なので好みが分かれる部分もありますが、銘柄によって効果の高さに差が有るとはいえ、コーヒーの香りには人間の脳をリラックスさせ、アルファ波を増幅させる効果が有ると言われています。カフェインを含有していることから、長い間眠気覚ましにも利用されていましたが、現在はでこうした香りによる効果にも注目が集まり、オフィスコーヒーは理にかなった物といえます。しかし、オフィスで飲むコーヒーには、あまり銘柄に注意が向けられていなかったり、量が必要な分風味が落ちてしまったり、ネガティブなイメージを持っているかもしれません。

現在、オフィスコーヒーに特化したサーバーは販売のみならずレンタルも非常に活発で、新鮮な香りを維持できる専用カプセルに入った物や、コーヒー以外の飲料の提供を可能にしている物など、多様なオフィスコーヒーサーバーが存在しています。コーヒー豆の銘柄にも関心が高い現在では、専用のカプセルを利用する物であっても非常に多彩な銘柄が取り扱われており、オフィスでも質の高いコーヒーが楽しめるようになっています。多くの量を一括して抽出できるオフィスコーヒーマシンでも、風味を損なわない保温方法が採用されている機種が有るので、作り置きで提供する場合も安心です。同時に、手入れしやすい機種も多いので使い方に合わせた機種選びで導入するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です