コーヒーの味はとても繊細です。一杯のコーヒーで使う豆の量はわずか10グラムから12グラムです。使用する器具、豆の挽き具合、湯の温度、抽出時間、入れ方などによっても微妙に変化します。レギュラーコーヒーを美味しく入れるために、ポット、ドリッパー、サーバー、ペーパーフィルターなど、ペーパードリップの器具が必要になるので用意しなければなりません。

レギュラーコーヒーを美味しくする入れ方はそこまで難しくはないです。基本のステップを覚えると失敗せずに入れることができます。まず注意するポイントは湯の温度です。美味しいコーヒーにするには92度から96度が最適です。

それより低い温度だと軽くて薄い味わいになってしまいます。しっかりと温度を見極めることが重要です。器具やカップ、スプーンなども温めておくと尚いいです。次のポイントは蒸らすことです。

蒸らすとコーヒー豆に含まれているガスが外に出て湯に馴染みやすくなり、美味しい成分を引き出すことができます。フィルターにコーヒーを入れできるだけ低い位置から注ぐといいです。注いだらそのまま20秒蒸らします。この20秒蒸らす行為が大切です。

最後のポイントはのの字を書くように3回に分けて注ぐことです。その際に一定の速度でゆっくり注ぐようにしないといけません。ゆっくりしすぎると渋味や苦味のみが際立ち、一気に注いでしまうと酸味や甘味だけが際立ってしまいます。この入れ方でレギュラーコーヒーを美味しく味わうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です