一般的なコーヒーを注文したり、買ったりする際にお店によってはレギュラーコーヒーと表記されていることがあります。このレギュラーコーヒーというのは焙煎されたコーヒー豆が100%使用されているコーヒーを表す言葉です。つまり、レギュラーというのは正式であることを示しています。では、100%コーヒー豆を使用していないコーヒーとはどういうものかというとそれはインスタントコーヒーのことを表します。

19世紀末に即席で作れるインスタントコーヒーが実用化されたことにより、それまでの一般的なコーヒーとの違いを明白にする必要がありました。そこで呼ばれ始めたのがレギュラーコーヒーという名前です。レギュラーコーヒーは豆を使用しているため、お湯に完全に溶けることはありません。そのため、抽出という手段を用いてコーヒーを淹れます。

一方でインスタントコーヒーはお湯に溶ける性質があります。レギュラーコーヒーという言葉は和製英語です。しかし、英語圏でこの言葉が知られていない訳ではありません。英語圏でこの言葉で注文するとホットのブラックコーヒーが用意されるケースが多くなっています。

しかし、ニューヨークやカナダなどでは砂糖とクリームが入ったコーヒーをこう呼んでいるので場所によって認識が異なっています。旅行の際などに覚えておくと便利です。異なる地域や種類のコーヒー豆を混ぜたコーヒーをブレンドコーヒーと呼びます。喫茶店などではこだわりの配合でコーヒーを淹れているケースが少なくありません。

配合率は通常の場合自由ですが、ブレンド名を表記するには特定の産地の物を30%以上の配合する必要があります。このコーヒーにおいてもコーヒー豆が100%使用されていることは同様なのでレギュラーとも呼ばれることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です