デカフェは、カフェインを含んでいる飲食物からカフェイン自体を除去したものや一般的にカフェインを添加する飲食物にカフェインを添加しないことを言います。デカフェをまたの名をカフェインフリー、カフェインレス、カフェインゼロとも呼ばれています。カフェインが健康に与える影響度の強さが指摘され、人の体質によっては適合しないケースも見られるため、カフェインを取り除いた飲食物を提供できる店舗も増えています。一般的にカフェインが入っている飲食物には、コーヒーやコーラ、お茶などに含まれ、欧米ではカフェインを敬遠したい方にとってデカフェは受け入れられている取り組みになっています。

実際に世界のコーヒー市場でもデカフェのコーヒーの支持が約10%もあるため、徐々に浸透しています。欧米での取り組みではカフェインの量の規定も存在するくらいで、インスタントコーヒーでは0.3%以下、コーヒー豆では0.2%以下のカフェインの量と明確な基準が存在しています。またカフェインを除去する技術も進化しており、その方法についても有機溶媒抽出や水抽出、超臨界二酸化炭素抽出などの方法が存在し、それを選択することでカフェインを無くすことが可能です。併せてカフェインの優れた効果に対する研究も行われ、中枢神経の興奮作用や腸管ぜん動促進作用があるなどが判明しています。

なおデカフェのコーヒーは味を著しく損ねるといった声も聞かれますが、現在では味を損ねない状態で本物のコーヒーの様に飲むことが出来る点でも支持を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です