「デカフェ」とは、カフェインレスコーヒーのことです。昔から、妊婦さんや、薬を服用している人などはあまりカフェインを摂らないほうがよい、と言われていましたが、そうでない人の間でも、「カフェインをなるべく摂らないように」気をつける人が増えてきています。カフェインには、眠気を覚ます作用や利尿作用、仕事などに行き詰まった時など気分をリフレッシュさせてくれる作用まど、良い面も多く持つものですが、一方で、血管を収縮させたり、脳を興奮状態にさせてしまうので、飲む時間を考えないと質の良い眠りを妨げてしまったりする、健康を考えるとあまり良くない面も持ち合わせているものでもあります。中でも、血管を収縮させる作用は、血流を滞らせることになり、冷えやむくみ、頭痛といった症状を引き起こす原因ともなると考えられています。

このような体への影響を考えて、現状病気を抱えていたり妊娠したりしていなくても、健康のためにコーヒーをはじめとしたカフェイン入りの飲み物や食べ物をなるべく摂らないようにしている人が増えているのです。アメリカやヨーロッパではかなり前からカフェインレスに対する意識が高く、デカフェをはじめとしたカフェインを含まない食品の市場がありましたが、日本ではこれまでデカフェを飲めるお店や、デカフェの豆やドリップコーヒーを扱うお店は限られていました。しかし、昨今の健康ブームもあり、最近では、身近なスーパーでも、チェーン店のカフェでも、デカフェを気軽に求められるようになってきています。これからの社会の高齢化もあり、ますますこの健康的なものを求める風潮は強くなっていくと思われます。

オフィスコーヒーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です