コンビニや自動販売機で購入したり、インスタントでお湯を注ぐだけだったり、喫茶店で注文したり、あらゆるところで手軽に手に入るコーヒー、時にはちょっと手間をかけて入れた一杯を飲んでみませんか。ハンドドリップで入れたドリップコーヒーはまた他とは違う格別な味となるでしょう。ドリップコーヒーというのは上からお湯を注いで粉の中を通過させることで抽出する製法で作られたコーヒーのことです。コーヒーメーカーなどで落としたものもドリップコーヒーです。

そんな中であえて自分の手でお湯を注ぐという手間をかけたものがハンドドリップコーヒーなのです。スイッチ一つでいつもの味が出てくるコーヒーメーカーと違って、自身の手で行なうのですからその時々で味は違ってきます。逆に言うと、その日の気分や体調・一緒にどういったものを食べるかによって、コーヒー豆の挽き加減から抽出の速度まで変えることができるのが魅力です。たとえ、同じ豆であってもゆっくりじっくりとお湯を注ぐとコクがありまったりとした味わいが実現します。

早く注ぐとあっさりとした、後味酢っきりの味わいになります。蒸らしたときの豆の膨らみ具合も、そのコーヒーの鮮度によって違ってきます。そうなると、豆からこだわって毎日挽かなければ気がすまなくなり、どんどんめんどくさいことになっていくのです。とはいえ、忙しい毎日を送る中、ゆっくりと豆と向き合う時間は貴重なリラックスタイムとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です